銀太の過去を知る女性-GINTA's Childhood

街猫写真家ゆうたんさんのことを知ったのは、銀太が我が家に来てからでした。そもそも私たち夫婦が銀太と出会ったのは、1年ほど野良生活をしていた銀太たちきょうだいを見守り、保護した方や、その方のお仲間で保護猫の一時預りを担うレンタル暗室の方がいらして、その暗室を利用していたのが私の弟だったという不思議な縁からです。そして、銀太の過去、つまり野良生活中だった幼いころの銀太たちの日常をカメラに収めていらしたのがゆうたんさんです。保護された方とゆうたんさんがお知り合いのようで、そのつながりから、ゆうたんさんが撮りためた銀太の昔の写真をアルバムにしていただいたこともあります。

先月はそんなゆうたんさんの写真展に伺いました。初めてゆうたんさんにお目にかかれたこともうれしかったのですが、たくさんの街猫写真の中に銀太が写っている1枚もあったのでなお感激!本当にこみあげてくるものがありました。その後、ゆうたんさんが以前の写真展で実際に展示されたという銀太ときょうだいの写真を2枚送ってくださいました。
b0207158_13151652.jpg
さっそくフレームに入れてリビングと玄関に飾っています。2枚ともカラーなのですが、反射してうまく撮れなかったので1枚はこんなモノクロになってしまいました。台無しにしてすみません。塀の上の銀太ときょうだいの白太(またの名を金太)です。白太はいま、金太郎として先住猫のいるお宅で仲良く暮らしているそうです。

b0207158_13152927.jpg

もう1枚はなんと銀太たちのかつての行きつけの店前で撮られたもの。お店の方から「カツオ」と「ワカメ」と呼ばれ、かわいがられていたそう。
b0207158_13181603.jpg

近日中に注文していた写真集も届く予定です。今回伺った写真展の図録で、銀太も載っています。また家宝が増えるのが楽しみ!たくさんの方々のあたたかい見守りのおかげで無事に生きてこられた銀太も強運ですが、銀太と家族になり、その過去をゆうたんさんの写真を通して知ることができた私たちも幸運としかいいようがありません。
b0207158_18100065.jpg
モデル銀太の本日の姿です。床暖房を知り、少々堕落している模様。


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


[PR]
トラックバックURL : http://pyokopon72.exblog.jp/tb/24230712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zunko at 2015-03-11 22:51 x
わ~っ 写真見たらこみあげるものがあるね。銀太がやってうるまで、そんな縁がつながれてたのね。最後の写真にふいたわ(#>з<)▂▂▂▃▅ 銀太よかったなぁ。
Commented by ゆうたん@ at 2015-03-12 01:53 x
こんばんは♪
おお~!こんなオサレ&かっこいいフレームに収めて下さってありがとうございます^^
そうでしたか、ピョコポンさんご夫婦と銀太くんとのめぐりあわせはそんなご縁からだったのですね。
銀太はこんなに愛されて本当に幸せものですっ!
やっぱり強運の持ち主だわ~。
最後の写真を見て、その恰好にふきながらも嬉しくてこっちが泣きそうでしたよ~!
Commented by pyonpyonpyokopon at 2015-03-13 16:32
zunko、本当に猫への思いが強すぎて、時々おっちゃんのことを忘れるわ!ただ、銀太~、友達が遊びに来たとき隠れて絶対出てこないのやめてほしいー。友達が帰ったら、しらーっと出てくるんだよ。もー。

ゆうたんさん、この度は本当にありがとうございました。銀太がうちに来るまでのいきさつには続きがありまして…、暗室で銀太を見た弟が、その存在感に度肝を抜かれ、ひとめぼれし、あわてて私に連絡してきたのです。「ね、ね、姉ちゃんは白黒の八割れ、靴下が好きかもしれんが、グレーですごいのがいる!あわわ…」といった感じで。翌日、さっそく弟と見に行った私も「ひ~っ。あわわ…」となりました。第一印象は「でかっ!」
by pyonpyonpyokopon | 2015-03-11 15:28 | | Trackback | Comments(3)